通勤時間 1時間 有効活用

通勤にかかる1時間をマンガ ・本 ・動画で有効活用する方法

通勤時間に読みたい!おすすめのビジネス書・実用書

革命のファンファーレ 現代のお金と広告

革命のファンファーレ 現代のお金と広告

革命のファンファーレ 現代のお金と広告
著:西野亮廣(幻冬舎)
通常:1,500円(税込)
電子書籍版:1,350円(税込)※さらに6Tポイント

お笑い芸人・絵本作家として活躍する西野亮廣の著書。
本書では、クラウドファンディングにおいて、国内最高となる総額1億円を個人で調達し、絵本「えんとつ町のプペル」を30万部突破のヒット作へと導いた著者が、その実例をもとに「現代のお金の作り方と使い方」「最強の広告戦略」「これからの時代の働き方」について解説している。
作中には、「誤った努力は努力ではない」「人は”確認作業”でしか動かない」等、なるほどと感じる項目も。さらに、著者がお笑い芸人ということもあり、思わずクスッとしてしまうエピソードが盛り込まれている点も本書の魅力と言えるだろう。
310ページとページ数は多いが、読みやすいので、通勤時間におすすめの一冊。著者のユニークな考えに触れつつ、現代社会を生き抜く方法を模索する際にチェックしておきたい。

ビジネスマンのための「発見力」養成講座

ビジネスマンのための「発見力」養成講座

ビジネスマンのための「発見力」養成講座
著:小宮一慶(ディスカヴァー携書)
通常:1,080円(税込)
電子書籍版:864円(税込)※さらに4Tポイント

十数社の非常勤取締役や監査役を務め、経営コンサルタントとして活躍する小宮一慶による「発見力」をテーマにしたビジネス書。
本書では、多くの情報の中から、ビジネスマンが本当に必要な情報を「見つける力=発見力」に注目。「見えているようで、実は見えていないことに気づく」「関心を持ち、仮説を立てることで、少しずつものが見えるようになる」「ふつうのものをたくさん見て、違いに気づけるようになる」等、「見つける力、気づく力(=発見力)」を身に付ける方法についてわかりやすく解説している。
また、ページ数が157ページと少なく、通勤時間を使えば、すぐに読み切れる点も嬉しい。
「発見力」を磨き、自分の仕事に役立てたいビジネスマンはもちろん、日々、溢れる情報の中から自分に必要な情報に気づく力・見つける力を身に付けたいと考えている人におすすめの一冊と言えるだろう。

反応しない練習

反応しない練習

反応しない練習
著:草薙龍瞬(KADOKAWA /中経出版)
通常:1,404円(税込)
電子書籍版:1,404円(税込)※さらに7Tポイント

東京大学法学部卒業という経歴を持つフリーの僧侶・草薙龍瞬による著書。
本書では、人間が抱える様々な悩みを「心の反応」という言葉に置き換え、ブッタの教えを元に解決方法を解説。さらにブッダの原始仏典を紐解きつつ、「感情を、上げもせず、下げもしない」という合理的かつシンプルな教えを、現代人の日常生活に活かせる方法として紹介している。
誰かからの何気ない一言や、ネットのニュース、SNS等に、ついつい反応してしまう・・・という人は、通勤時間に読んで仕事や人間関係の悩みの解決方法を探してみては?

成功している人は、なぜ神社に行くのか?

成功している人は、なぜ神社に行くのか?

成功している人は、なぜ神社に行くのか?
著:八木龍平(サンマーク出版)
通常:1,620円(税込)
電子書籍版:1,274円(税込)※さらに6Tポイント

青山学院大学でネットマーケティングを教える心理学者にして、霊能者、人気ブロガーといった肩書を持つ八木龍平の著書。
本書では、神社の「見えない仕組み」を科学者・霊能者の視点から、わかりやすくかつ面白く解説。また、歴史上の人物が、神社へ参拝をすることによって偉業を成し遂げてきた例も紹介されている。
仕事や学業等、願いごとの成就を目的に、神社にお参りするものの、意外と神社のことを知らない・・・という人も多いはず。そういう人にとって、本書は、神社への参拝方法や神道に関する基礎知識をわかりやすく紹介しており、今まで神道にあまり興味が無かった人でも、面白く読むことができる。
果たして、成功している人が神社へ行く理由とは・・・?
本書は、神社に興味のある人であれば、ぜひチェックしておきたい一冊といえるだろう。

「言葉にできる」は武器になる

「言葉にできる」は武器になる

「言葉にできる」は武器になる
著:梅田悟司(日本経済新聞出版社)
通常:1,620円(税込)
電子書籍版:1,620円(税込)※さらに8Tポイント

カンヌ広告賞やグッドデザイン賞など、数々の受賞歴を持つ、人気コピーライター梅田悟司が、「伝わる言葉の表現方法」について紹介した一冊。
本書では、自分の内面にある「内なる言葉」を「他人に伝えるための言葉」にする具体的な方法を紹介。さらに、自身が手がけたコピーや、古今東西の有名事例を、「メッセージとしての明確性」「伝えたい想いをいかに生み出すか」という視点から分解し、「意志を言葉に込める技術」を解説している。
本書を読めば、自分の「思い」を「伝わる言葉」にする方法がわかるほか、人の心を動かす「言葉の表現力」を磨くことも可能。
自分の内面と向き合い、言葉の表現力を磨きたい人におすすめの一冊と言えるだろう。

「週刊文春」編集長の仕事術

「週刊文春」編集長の仕事術

「週刊文春」編集長の仕事術
著:新谷学(ダイヤモンド社)
通常:1,512円(税込)
電子書籍版:1,360円(税込)※さらに6Tポイント

近年、スクープを連発し、注目を集めている「週刊文春」の現役編集長・新谷学が自身の仕事術について書いた一冊。
本書では、人脈の作り方や、話題になる企画の立て方、結果を出すチームの作り方等、編集の仕事だけに限らず、あらゆるビジネスパーソンに役に立つ仕事術を、著者の実体験を交えて紹介している。週刊誌を作るために、日々、大量の仕事をさばいている「週刊文春」編集長が働く上で意識していることは?
また、実際の会社名や特定の人物を連想させる部分もあり、スクープの裏側を垣間見ることができる点も魅力。
仕事に対するモチベーションを上げたい人はもちろん、「週刊文春」の裏側を知りたい人にもおすすめ。

なぜ、あなたの仕事は終わらないのか スピードは最強の武器である

なぜ、あなたの仕事は終わらないのか

なぜ、あなたの仕事は終わらないのか スピードは最強の武器である
著:中島聡(文響社)
通常:1,490円(税込)
電子書籍版:1,393円(税込)※さらに6Tポイント

パソコンのマウス操作「ドラッグ&ドロップ」や「ダブルクリック」の概念を生み出した元マイクロソフトの伝説的なプログラマーである著者が、仕事を効率よく進めるための時間術について解説した一冊。
納期までの日数の2割で仕事の8割を終わらせ、残りの期間で内容を詰めることで、仕事の完成度を上げる「ロケットスタート時間術」をはじめ、あらゆる仕事に通じる時間術のヒントやノウハウが紹介されている。
仕事に追われ、残業続きの人や、時間や仕事を上手くコントロールできず、日々の業務に苦戦している人はぜひチェックしておきたい。また、通勤時間を利用して、仕事へのモチベーションを上げたい人にもおすすめの一冊。

自分を変える習慣力

自分を変える習慣力

自分を変える習慣力
三浦将(クロスメディア・パブリッシング)
通常:1,490円(税込)
電子書籍版:1,490円(税込)※さらに7Tポイント

元オリンピック日本代表や、カリスマ経営者をはじめ、数多くの人たちを成功に導いてきたコーチングのプロである著者が、「自分を変える習慣」について解説した一冊。
自分を変えるために大切なのは、すべての習慣の中から、キーとなる習慣を見つけ、その習慣を身に付けること。本書の中では、この「キーとなる習慣」の見つけ方をはじめ、セルフコーチングを応用し、潜在意識へ働きかけることによって、習慣を苦労せずに身に付ける方法を紹介している。
漠然と「自分を変えたい」と思いつつ、そのきっかけがわからない人や、自分の習慣を見直し、良い方向に変えていきたい人におすすめ。

アインシュタイン 150の言葉

アインシュタイン 150の言葉

アインシュタイン 150の言葉
編:ジェリー メイヤー、ジョン・P.ホームズ(ディスカヴァー・トゥエンティワン)
通常:1,296円(税込)

サッカーの本田圭佑選手が、母校星陵高校の後輩に贈った本のうちの一冊。この本では、相対性理論を発表した物理学者アインシュタインが、「自分自身のこと」や「人生」をはじめ、「科学」「宗教」「芸術」、そして、「仕事」や「結婚」などについて語った150の言葉を紹介している。
また、表紙に掲載されている「わたしは天才ではない。ただ、人より長くひとつのこととつき合ってきただけだ」をはじめ、シンプルながら、読むと心に突き刺さり、ハッとさせられる言葉が満載。
その他にも、「どうして、自分を責めるんですか?他人がちゃんと必要なときに責めてくれるんだから、いいじゃないですか」というアインシュタインらしい励ましの言葉や、「結婚」について語った「ある偶然の出来事を維持しようとする不幸な試みを結婚という」という皮肉たっぷりの言葉も。
本質を見抜く洞察力と、ユーモアを交えて語られた数々の言葉から、相対性理論がわからなくても、アインシュタインのことがもっと知りたくなること間違いなし。仕事で疲れたとき、人間関係で悩んでいるときにおすすめの一冊と言えるだろう。

本音で生きる 一秒も後悔しない強い生き方

本音で生きる

本音で生きる 一秒も後悔しない強い生き方
著:堀江貴文(SB文庫)
通常:864円(税込)
電子書籍版:864円(税込)※さらに4Tポイント

ホリエモンでおなじみの元・株式会社ライブドア代表取締役CEO堀江貴文氏が、周りを気にして本音を言えずに生きている人、自分のやりたいことに踏み出せない人に向けて、「本音で生きること」を指南した一冊。
「言い訳をやめる」「本音で生きられない理由は”自意識”と”プライド”」等、これまで徹底的に言うべきことを言い、やるべきことをやる、という生き方をしてきたホリエモンならではの潔い言葉で、人生を後悔しないための生きるヒントが語られている。
「時間は誰にとっても有限で、先のことが不安でしり込みをしているくらいなら、今すぐ一歩でも先に動いた方がいい」等、思わずハッとさせられる言葉も満載。仕事へのモチベーションを上げたいときにおすすめ。

マンガでわかる!片づけ+収納術

マンガでわかる!片づけ+収納術

マンガでわかる!片づけ+収納術
著:宙花こより (学研パブリッシング)
通常:1,080円(税込)
電子書籍版:925円(税込)※さらに4Tポイント

家族揃って、片づけができない著者が、ごみ処理業者が来るまでの8時間で汚い部屋を片づける・・・という実録をコミカルにマンガで描いた一冊。
①「今使うか」「今使わないか」に分ける ②「今使わないモノ」は捨てる ③「今使うモノ」をしまう という3ステップをもとに、モノがありすぎる部屋をきれいにするためのノウハウや、部屋のどこから手を付けていくか、というポイントを紹介している。また、タイプ別のチェック項目や片づけの手順シートも掲載されているため、実際に部屋の片づける際に活用すると良いだろう。
気楽に読めて、部屋の片づけにやる気が出ること間違いなしの一冊。通勤時間に読んで、休日は部屋の掃除・片づけをしたいと考えている人におすすめ。

超一流の雑談力

超一流の雑談力

超一流の雑談力
著:安田正 (文響社)
通常:1,490円(税込)
電子書籍版:1,188円(税込)※さらに5Tポイント

ロジカル・コミュニケーションや対人対応コーチング、交渉などビジネスコミュニケーションの領域で講師、コンサルタントとして活躍する安田正氏による、雑談力を高める方法を具体的且つ実践に役立つ形で解説した一冊。
あたりさわりのない無意味な雑談ではなく、「意味のある雑談をすれば、仕事や人間関係が変わる」というメッセージのもと、日常で雑談力が鍛えられるテクニックやトレーニング方法を紹介。初心者から、ある程度話し方に自信のある人まで、すぐに実践できるノウハウが詰まっている。
仕事で人と話す機会の多い人や、人間関係に悩まされている人は要チェック。通勤時間に読んで、職場でさっそく「超一流の雑談力」を試してみては?

シンプルに考える

シンプルに考える

シンプルに考える
著:森川亮 (ダイヤモンド社)
通常:1,620円(税込)
電子書籍版:1,296円(税込)※さらに6Tポイント

LINEを世界トップクラスのコミュニケーションツールに育てた森川亮氏が、仕事をする上で心がけている事とは?「計画は持たない」「ルールはいらない」「差別化は考えない」「イノベーションは目指さない」等、これまでのビジネス書で書かれている事とは全く別の考え方は、ビジネスマンにとって大きな衝撃。この本を読む事で改めて、物事をシンプルに考える事の大切さに気付く事ができるだろう。
文体がやわらかく、読みやすいので通勤時間が1時間でれば、2~3日で十分読む事ができ、明日への活力になる1冊。

トップへ戻る