LINE証券の使い方を解説。初心者におすすめのポイント投資のやり方とは?

【初心者向け】ポイント投資におすすめのアプリとは?LINE証券の使い方を徹底解説

LINEポイントや楽天スーパーポイント、nanacoポイントなど、日ごろ貯めたポイントを使って投資にチャレンジできる「ポイント投資」。現金を使わずに、手軽に投資を始められることから、投資初心者を中心に人気が急上昇しています。

ポイント投資は専用の投資アプリを利用することで、スマホ一つあれば無料口座開設から取引まで全てが完結。手続きも簡単で、思い立ったらすぐに始められる点も大きな魅力です。

今回のひま侍は、便利な機能やお得に株を購入できる期間限定セール等、他の投資アプリにはないサービスを提供し、人気を集めている「LINE証券」に注目!ポイント投資の基本やLINE証券のおすすめポイント、LINE証券の使い方など、投資初心者に役立つ情報をまとめて解説します。

ポイント投資に興味がある人はもちろん、手軽なお小遣い稼ぎを探している人は、ぜひ本特集を最後までチェックしてみてください。

ポイント投資とは?

ポイント投資とは、Tポイントやdポイント、楽天スーパーポイントなど、身近なポイントを使って手軽に投資ができるサービスのこと。

投資のために現金を用意する必要がないのに加え、10円分や100円分といった少額のポイントから投資が可能。自己資金が減るリスクを最小限に抑えることができるため、特にここ最近、投資初心者を中心に人気を集めています。

ちょっとしたお小遣い稼ぎとして投資デビューしたい人や、あまりリスクを負わずに投資経験を積みたい人にとって、ポイント投資は特におすすめのサービスです。

ポイント投資ができる!初心者におすすめの投資アプリ「LINE証券」をチェックしよう

昨今の投資ブームを受け、巷にはさまざまな投資アプリが登場しています。そのなかでも、LINEと野村証券が提携し、が提供する「LINE証券」は、投資初心者から中上級者まで、幅広いユーザーから支持を集めている投資アプリです。

ひま侍編集部は、人気が急上昇している投資アプリ「LINE証券」に注目。サービスの特徴や投資に使えるポイントの種類、手数料など、LINE証券の気になるポイントをまとめて解説します。

LINE証券 基本情報

LINE証券

LINE証券

投資できるポイント LINEポイント
※LINEポイントには180日間の有効期限が設定されており、ポイント取得から180日を経過すると、ポイントが失効する点には注意が必要
ポイント換算 1ポイント=1円
最低投資ポイント 100ポイント(=100円)
取引手数料 投資信託
無料 ※買付手数料
ETF・国内株式
  • 日中取引(9:00~14:50 ※11:20~11:30、12:20~12:30を除く):0.05%
  • 夜間取引(17:00~21:00):0.5%
その他手数料(税抜) 利用料
無料
出金手数料
  • LINE Pay:無料
  • 銀行口座:200円
キャンペーン 最高3株分の購入代金がもらえる初株チャンスキャンペーン実施中

LINE証券の特徴

「LINE証券」は、LINEアプリをインストールしていれば利用が可能。LINEが投資アプリとして機能するため、専用の投資アプリをインストールする必要がない。スマホがあれば、すぐに無料口座開設の申し込みができ、書類郵送などの手間がかからない点もLINE証券の大きな特徴。

またLINE証券では、通常100株単位でしか買えない「SONY」や「任天堂」など、日本を代表する大企業の株を1株単位・数百円から買うことができる。さらに、最大7%OFFで人気の株を1銘柄・5株まで買うことができる「いきなりタイムセール」を不定期開催。数ある投資アプリのなかでも、株のタイムセールを行っているのはLINE証券だけ。(※2020年6月時点)

一般的な投資アプリは、株式市場が開いている平日9時から15時までしか注文を出すことができないが、LINE証券では平日21時まで取引注文を受け付けている

ちなみに、LINEグループは株式投資を取り扱う「LINE証券」の他に、FX(外国為替証拠金取引)のサービスも提供。こちらは専用の投資アプリ「LINE FX」をインストールすることで利用できる。
LINE証券をすでに利用している人であれば、最短1分で口座開設手続きが可能。株式投資以外にFXにも興味がある人は、こちらもチェックしてみるといいだろう。

投資対象や手数料

LINE証券では、買付手数料0円の投資信託に加え、2020年5月10日から、「現物取引(100株単位)」の取り扱いも開始。業界最低水準となる取引手数料0.05%〜(※日中取引の場合)で、東京証券取引所(東証)に上場する約3,700銘柄の株を買うことができる
各種手数料の安さと取り扱い銘柄の豊富さは、LINE証券を利用する大きなメリットの一つと言える。

投資できるポイント

LINE証券では、貯めたLINEポイントを1ポイント=1円としてLINE Pay残高に交換可能
LINE Pay残高を使い、投資信託やETF、国内株式を買うことができ、投資信託は100円以上1円単位、ETFは1口単位、国内株式は1株単位数百円から、それぞれ購入することができる。

ちなみにLINEポイントは、LINEアプリが配信する広告や動画をチェックすることでも貯めることができる。お金を使うことなくポイントを貯められ、手軽に投資に使える点も、LINE証券が人気を集めている理由の一つ。

LINE証券の使い方

ここではLINE証券の使い方を解説します。

1.LINEアプリがスマホに入っていない人は、事前にダウンロードしておく

LINE証券を始めるには、事前にLINEアプリをダウンロードしておく必要があります。

LINE証券・キャプチャ画像

2.LINE証券の口座開設の申し込みを行う

LINEアカウントを登録後、こちらのページから口座開設の申し込みを行います。

LINE証券・キャプチャ画像

3.本人情報の入力

LINEアプリの中にあるLINE証券のページが開いたら、氏名や住所など、必要な本人情報を入力していきます。
※住所は本人確認書類と同じ情報を入力すること

LINE証券・キャプチャ画像

4.本人確認の手続き

口座開設に必要な本人確認書類は、「マイナンバー通知カード+運転免許証」もしくは「マイナンバー個人番号カード+運転免許証」のいずれか。

本人確認書類の提出含め、一連の手続きは、スマホだけで手続きが完結する「スマホによる本人確認」、もしくは、簡易書留ハガキの受取りが必要になる「郵送受取による本人確認」のどちらかを選択します。

運転免許証がない場合は、「郵送受取による本人確認」しか選択できない点は注意が必要です。

LINE証券・キャプチャ画像

LINE証券を実際に使ってみた

口座開設が終わったのでひま侍編集部のスタッフが、実際にLINE証券を使ってみました。初回取引の利益はわずか数百円でしたが、これで大好きなお菓子が購入できます。ポイント投資を活用した初取引としては、上々の結果と言えるでしょう!

1.口座開設が完了したら、早速LINE証券を起動し、使ってみましょう。LINE証券はLINEのホームのサービス一覧をクリック。またはウォレットの画面にある証券をクリックすると、簡単に起動できます。LINEアプリをそのまま投資アプリとして利用可能です。

LINE証券・キャプチャ画像

2.現時点ではお金が入っていない状態なので、入金しましょう。LINE Payからの入金はもちろん、ジャパンネット銀行から入金することもできます。ポイント投資したい場合は、LINE Payからの入金を選びましょう。

LINE証券・キャプチャ画像

3.入金したら取引に挑戦してみましょう。筆者はセールで帝人を購入し、翌日すぐに売却。わずかな金額ですが利益を得る事ができました。

LINE証券・キャプチャ画像

4.1万円あれば様々な銘柄に投資できます。この機会に投資にチャレンジしてみましょう!

LINE証券・キャプチャ画像

ポイント投資よりお手軽!?おつりを使って投資ができるサービス

LINE証券のポイント投資よりもっと簡単にできる投資を探している人には、月々の買い物で出るおつりを使って投資する「おつり投資」がおすすめです。

おつり投資とは、「マネーフォワード」や「マネーツリー」などの家計簿アプリと連携させることで月々の買い物で出るおつりを自動計算。月に1回、登録されたおつりを自動的に投資するサービスのこと。

おつり投資の特徴は、月々100円以下という超少額から投資が始められる点と、投資できる銘柄を厳選している点にあります。一般的な投資アプリでは、膨大な数の銘柄から自分で投資対象を選ぶ必要がありますが、おつり投資ではプロが選んだ人気の投資信託やファンドを用意。あれこれ迷うことなく、少額から国内外の資産に分散投資ができます。

また、提携ポイントやマイルでも投資できるおつり投資を選べば、ポイント投資と同じく、現金を使うことなく投資にチャレンジ可能。銘柄選びに悩んでしまうという投資初心者は、おつり投資からスタートしてみるのもおすすめです。

Pick Upおつり投資アプリといえばこれ!日々のおつりを世界中の資産に分散投資できるおつり投資アプリ:トラノコ

BookLive!

トラノコ
利用料金 300円(税込)/月
最低投資額 5円~
投資できるポイント nanacoポイントANAマイル、ジー・ポイント、ドットマネー、ポイントタウンなど
投資対象 長期分散型のファンド3種類

トラノコのおつり投資

トラノコは、月々5円という超少額から投資にチャレンジできる人気のおつり投資アプリ
アプリに搭載している「トラノコおつり補足サービス」を利用、もしく提携の家計簿アプリ「マネーフォワード」「ザイム」「マネーツリー」のいずれかと連動させることで、日々の買い物で出るおつりをアプリが自動計算し、登録。月に1回、おつりの範囲内で投資したい金額を5円から自由に選ぶことができる。

トラノコでポイント投資

トラノコは、「ドットマネー」や「ポイントタウン」などの各種ポイントサイト、ANAマイルやnanacoポイントなど、各種ポイントサービスと多数提携。ポイントやマイルを使った投資に対応している他、各アカウント情報をトラノコに紐付けることで、ポイントもしくはマイルのいずれかが毎月ボーナスとして付与される点もぜひチェックしておきたい。

選べる3つのファンド

トラノコでは、リスクとリターンのバランスによってさまざまな資産を組み合わせた3種類のファンドを用意。
株式や国債を始め、プロが厳選した世界中の資産に分散投資できるファンドを利用することで、投資初心者が簡単にリスクヘッジできる点も大きな魅力。

トラノコ学割 U22で月額利用料が無料に

トラノコに利用料金は月額300円(税込)だが、登録後3か月間は無料で利用可能
なお、22歳以下の学生であれば月会費が無料になるので、おつり投資に興味のある人はお試し登録してみるのも良いだろう。

ポイント投資Q&A メリット・デメリットや従来の証券会社との違いは?

ここでは、ポイント投資に関してよくある質問をQ&A形式でご紹介します。

Qポイント投資のメリット/デメリットは?
Aポイント投資のメリットは、投資初心者でもローリスクで投資経験を積むことができる点。一方、ポイント投資のデメリットは、投資できる銘柄が限定されることや、ポイント投資に対応している投資サービスの少なさなどが挙げられます。
Q従来の証券会社との違いは?
Aポイント投資に対応する投資アプリは、投資初心者をターゲットにしており、従来の証券会社やネット証券と比較すると、手数料が安い傾向があります。また、証券口座の開設手続きが簡単で、スマホ完結を実現しているサービスもあることから、すぐに投資を始めることが可能です。
Qポイント投資を始めるなら、どのアプリがおすすめ?
A専用アプリを別途ダウンロードする必要のないLINE証券は、手軽にポイント投資を始めることができるおすすめのサービスです。その他、「SBIネオモバイル証券(Tポイントでの投資に対応)」や「楽天証券(楽天スーパーポイントでの投資に対応)」など、様々な投資アプリがあります。自分が貯めているポイントに合わせて投資アプリを選ぶと良いでしょう。

【初心者向け】ポイント投資におすすめのアプリ 〜まとめ〜

初心者向けにポイント投資、およびLINE証券について解説した今回の特集はいかがでしたか?

新しいアプリをダウンロードする必要がなく、スマホで口座開設手続きが完結するLINE証券を使えば、誰でも簡単にポイント投資を始めることができます。少額から手軽に始められるポイント投資でも、毎月コツコツ続けていけば、投資の知識と経験が身につくだけではなく、資産を増やすこともできるでしょう

何事も大切なのは、第一歩を踏み出すこと。これまで投資に興味があったものの、手続きの複雑さやリスクが気になり、チャレンジするに至っていなかった人は、手軽にスタートできるLINE証券のポイント投資からトライしてみてはいかがでしょう?

トップへ戻る