旅行に使いたい!初心者におすすめのレンタカーサービスを紹介

レンタカーで旅行を満喫!初心者におすすめのレンタカーサービスは?

Last UP 

Author:ひま侍

夏休みや、週末を利用したちょっとした旅行の際に、レンタカーを使いたいと考えている人も多いのではないでしょうか?

旅行にレンタカーを使えば、電車やバスで行くのが難しい場所、行くのに時間がかかる場所へすぐ行くことができ、行動範囲が広がり、旅行をさらに楽しむことができます。また、複数人でレンタカーをシェアすれば、旅行時の交通費を節約することも可能です。

しかし、いざレンタカーサービスを利用しようとすると、特にレンタカー利用初心者の場合、料金はどのくらいかかるのか、簡単に利用できるのか等がわからないもの。

そこで今回の特集では、レンタカー利用初心者向けに、レンタカーサービスを利用する際に押さえておきたいポイントや、おすすめのレンタカーサービスについてわかりやすく解説します

1. 押さえておきたいレンタカーサービスの基本

はじめに、初心者が、旅行でレンタカーサービスを利用するときに押さえておきたい返却時の条件や、料金システム、補償制度等、6つの基本ポイントをチェックしましょう。

①返却時の条件
返却時の条件

レンタカーには、返却の際、返却場所や返却方法に条件があります。
返却場所に関しては、レンタカーを借りた営業所に返すのが基本ですが、乗り捨て(ワンウェイ)と呼ばれるサービスを利用すれば、借りた店舗とは別の店舗にレンタカーを返却することができます。例えば、旅行で空港を使う際に、家の近くの店舗で借りたレンタカーで空港まで行き、空港付近の店舗に返却することが可能。ただし、乗り捨てでレンタカーを利用した場合、借りた店舗と返却店舗のエリアや距離によって追加料金が発生する点には注意が必要です。
また、レンタカーは返却時にガソリンを満タンにしておく、もしくはガソリン代(ガソリン給油手数料)を支払うことが求められる点もチェックしておきましょう

②レンタカーサービスを利用する際に必要なもの
レンタカーサービスを利用する際に必要なもの

レンタカーサービスを利用する際に必須なものは、運転免許証です。ちなみに、1台のレンタカーを複数人で運転する場合、代表者だけではなく、運転する人全員の運転免許証が必要になります。(※運転免許証を提示していない人が運転し、事故を起こした場合、保険や補償が適用されないことがあります。)
高速道路でレンタカーを使用する場合はETCカードも用意しておきましょう。一部、ETCカードのレンタルに対応しているサービスもありますが、ETCカードの貸し出しを行っていないサービスがほとんどです。
また、支払い時に必要な場合が多いクレジットカードも用意しておくのがおすすめ。

③料金システム
料金システム

レンタカーの料金システムには、泊数で料金が決まる日泊制と、レンタカーの利用時間で料金が決まる時間制の2種類があります。
また、これらの基本料金に、追加補償の料金や乗捨(ワンウェイ)手数料、深夜手数料、チャイルドシートなどのレンタル品料等が加算され、その料金を出発前に精算する前払い制が基本。返却予定時間を超えた場合の超過料金や、ガソリン代等は返却の際に支払います。

レンタカーの支払い方法は、原則クレジットカード支払いです。現金支払いの場合、保有しているクレジットカードの有効性の確認、または、運転免許証以外の本人確認書類の提示が必要になる点はチェックしておきましょう。さらに、レンタカーのサービスによっては電子マネーでの支払いが可能なところも。
料金システムに加え、支払い方法についても、事前に確認しておくと安心です。

④予約方法
予約方法

レンタカーは、ネット予約、予約センターへの電話予約、店舗への直接連絡のいずれかの方法で予約することが可能です。
特に、ネット予約の場合、24時間予約可能なサービスが多いことに加え、ネット予約限定の割引を実施しているケースもあるので、割引を利用し、できるだけ安くレンタカーを利用したい場合は上手く活用すると良いでしょう。(ただし、サービスによっては、予約時に予約申込金の支払いが必要です)

⑤保険・補償
保険・補償

レンタカーで万一、事故を起こしてしまった場合の補償や、加入しておきたい保険について気になる方もいるのではないでしょうか?
レンタカーの補償制度で、まず基本の補償とされるのが以下の4つ。この4つは、基本補償としてレンタカーの基本料金に含まれていることがほとんどです。

〈レンタカー基本料金に付帯する4つの基本補償〉
  • 対人補償:他人を死傷させたときの補償
  • 対物補償:他人の車や物に損害を与えたときの補償
  • 車両補償:レンタカーに損害を与えたときの補償
  • 人身傷害補償:自分や同乗者が死傷したときの補償

さらに、オプションとして免責補償制度(CDW)ノンオペレーションチャージ(NOC)といった補償制度もあり、追加料金を支払うことで利用できます。 免責補償制度とノンオペレーションチャージの違いは以下の通り。

〈万一の場合にしっかり備えたい人におすすめの追加補償〉 …免責補償制度(CDW):事故時に保険の一部を自己負担する費用(免責額)を免除する制度。 …ノンオペレーションチャージ(NOC):車両の修理・清掃等が必要となった場合の補償。 ※ただし、車両搬送や落輪引き上げ、パンクやバッテリー上がり等を補助するロードサービスは、補償に含まれている場合とオプションの場合があるので注意が必要

⑥特典・キャンペーン
特典・キャンペーン

数あるレンタカーサービスの中には、「会員最大20%OFF」「Webからの予約で10%OFF」等のキャンペーンを実施しているケースがあります。キャンペーンを利用すれば、通常よりもお得にレンタカーの利用が可能。
各レンタカーサービスが実施するキャンペーン情報をチェックし、お得に利用できるところを選びましょう。

2. 初心者におすすめのレンタカーサービス

ここでは、ひま侍編集部が厳選したおすすめのレンタカーサービスをご紹介します。各サービスの料金プランや特徴を比較し、自分に合ったレンタカーサービスを利用しましょう。

タイムズカーレンタル

タイムズカーレンタル

タイムズカーレンタル(旧マツダレンタカー)は、タイムズモビリティネットワークス株式会社が運営するレンタカーサービス。全国に約400店舗以上を展開している。
タイムズカーレンタルの特徴は、取扱い車種が豊富な点。初心者におすすめの軽自動車やコンパクトカーはもちろん、セダンタイプ、オープンタイプのスポーツカー等を取り扱っており、人数や行先、用途によって幅広いラインアップの中から自分に合ったものを選ぶことができる。さらに、ハイブリッドカーやディーゼル車といったエコカーもレンタル可能。カーナビ・ETCは全車に搭載されている。(※離島、および一部商用車には搭載されていないことも)
また、タイムズカーレンタルでは利用の30分前まで予約可能。旅先で急にレンタカーが必要になった場合でも、レンタルできる点は嬉しいポイントといえるだろう。ただし、当日レンタルの場合、希望の車種やレンタル期間が空いていないことがある点には注意が必要。
保険・補償制度については、追加料金0円の「標準補償コース」で、対人補償は1名につき無制限、対物補償は1事故につき無制限、車両補償は1事故につき時価(車両補償免責額5万円)、人身傷害補償は1名につき3,000万円まで補償される。免責補償やNOC免除に関しては追加料金を支払うことで付帯させることが可能。
その他にも、タイムズカーレンタルでは、入会金・年会費無料のタイムズクラブ会員になると、基本料金が最大25%OFFに(※プレミアム会員の場合)。さらに、タイムズグループのサービスを利用すると、100円につき1ポイントのタイムズポイントが貯まり、1タイムズポイント=1円としてカーレンタルに利用できる点も魅力。旅行でレンタカーを利用する際は、ぜひチェックしておきたい。

店舗数 空港・駅・港などの近辺を中心に全国に400店舗以上を展開
車種・基本料金例(税込)
軽自動車(ムーヴ、ワゴンR等)
6時間まで 4,536円(会員3,628円)
12時間まで 5,508円(会員4,406円)
24時間まで 6,480円(会員5,184円)
ベーシックタイプ・ガソリン(ソリオ、ノート等)
6時間まで 5,292円(会員4,233円)
12時間まで 6,480円(会員5,184円)
24時間まで 7,560円(会員6,048円)
ベーシックタイプ・ハイブリッド(イグニス、フィット)
6時間まで 6,048円(会員4,838円)
12時間まで 7,344円(会員5,184円)
24時間まで 7,560円(会員6,048円)
保険・補償
  • 標準補償コース:追加料金なし。基本補償のみ。
  • 免責補償コース:1,080円/24時間~ 基本補償、対物・車両免責補償
  • 安心補償コース:免責補償コース+1,080円/24時間 免責補償コースのサービスに加え、NOC免除、ロードサービス。
予約方法 Web予約、電話予約、店舗への直接連絡
  • 最短30分前まで予約可能
  • 予約取り消しは、乗車予定日の7日前まで。タイムズクラブ会員の場合は出発予定時間の24時間前まで。(以降、キャンセル料が発生)
乗り捨て(ワンウェイ) 可(50kmまで無料)
〈料金例〉
本州、九州、沖縄(一般車両)の場合
100kmまで6,480円
以降50kmごとに+3,240円
会員特典・ポイント・キャンペーン
  • タイムズカーレンタル会員は基本料金最大20%OFF
  • ピッとGo…カード1枚でレンタカーの出発・返却が簡単にできる会員向けサービス。
  • タイムズポイントが貯まる
  • JAL/ANAのマイルが貯まる
  • 60歳以上のシニアドライバー、学生は15%割引
  • 全国各地で、地域限定のキャンペーンをおこなっている。
※基本料金・ワンウェイ料金は2018年6月1日出発分より変更となっている。
https://rental.timescar.jp/price/revision/#c1

トヨタレンタカー

トヨタレンタカー

トヨタレンタカーは、トヨタ自動車系列のトヨタレンタリースが提供するレンタカーサービス。
トヨタレンタカーの特徴は、業界No.1のレンタカー保有台数と、全国約1,200カ所に営業店舗を展開している点。車種に関しては、ヴィッツ、カローラアクシオなどトヨタ車を中心に豊富に取り揃えている。さらに、トヨタレンタカーのもう一つの特徴はETCカードの貸し出しもできる点。ETC搭載車を取り扱うレンタカーサービスは多いが、ETCカードは自分で用意しなければならないことがほとんど。普段、あまり車を運転しない人はETCカードを持っていないケースも多いため、ETCカードの貸し出しに対応している点はトヨタレンタカーを利用するメリットと言えるだろう。
また、ワンウェイ(乗り捨て)に関しては、出発店舗と同一都道府県内の店舗に返却する場合は手数料無料。さらに、トヨタレンタカーでは、「3時間レンタカー」という短時間貸し出しにも対応しており、「ちょっと乗りたい」という人にもおすすめ。例えば、旅行の際に、荷物が多いため空港から車で移動したい…といった場合に活用することができる。
補償制度は、基本補償がレンタカー料金に含まれており、対人補償は1名につき無制限、対物補償は1事故につき無制限、車両補償は1事故につき時価(車両補償免責額5万円)、人身傷害補償は1名につき3,000万円まで無料で補償。免責補償やNOC免除については、別途追加料金が必要となる。
その他にも、トヨタレンタカーは、出発1時間前までの予約に対応。さらに、トヨタレンタカーメンバーに会員登録すると、10~20%の割引が受けられる他、利用料金100円につき1~2マイルのANAまたはJALのマイルを貯められる点もチェックしておきたい。

店舗数 全国約1,200ヶ所の営業店舗を展開
車種・料金例(税込)
軽自動車
12時間まで 5,400円
24時間まで 7,020円
乗用車・P1クラス(ヴィッツ・パッソ等)
12時間まで 5,400円
24時間まで 7,020円
乗用車・P2クラス(ラクティス・シエンタ等)
6時間まで 5,940円
12時間まで 6,480円
24時間まで 8,100円
保険・補償
  • 基本補償:追加料金なし、ロードサービスあり
  • 免責補償制度:1,080円/24時間~ 
  • トヨタレンタカー安心Wプラン:1,620円/24時間 免責額の免除、NOC免除
予約方法 Web予約、電話予約、店舗への直接連絡
  • 利用の1時間前まで
  • 予約取り消しは、乗車予定日の7日前まで。(以降、キャンセル料が発生)
乗り捨て(ワンウェイ)
同一都道府県内の店舗に返却する場合、無料
〈料金例〉
出発店舗:東京 返却店舗:群馬
6,480円(Pクラス車種の場合)
会員特典・ポイント・キャンペーン
  • トヨタレンタカーメンバー会員は、Webサイトからの予約で基本料金が10%OFF(ゴールドメンバーは20%OFF)
  • ANA/JALカード提示で基本料金の5%OFF、100円につき1マイルが貯まる。
  • 2018年6月~9月にWebサイトまたはアプリから予約し、期間中に利用・応募すると、コンビニ特典を抽選でプレゼント(各月3,000名)

オリックスレンタカー

オリックスレンタカー

オリックスレンタカーは、オリックス自動車株式会社が運営するレンタカーサービス。営業店舗は全国1,062ヶ所と、トヨタレンタカーに次ぐ業界第2位の店舗数を誇り、車種も豊富に取り扱っている。
オリックスレンタカーの特徴は、支払い方法が豊富で、ポイント制度も充実している点。レンタカーの支払いは、原則クレジットカードのみだが、オリックスレンタカーの場合、クレジットカードでの支払いに加え、Ponta、dポイント、Suica、PASMO等の支払いにも対応している(※ただし、手持ちのクレジットカードの有効性の確認、または、現住所・本人確認ができる免許証以外の書類の提示が必要)。また、ポイント制度も充実しており、対象のクレジットカードを利用することで、dポイントやWALLETポイント、JALマイル、Oki Dokiポイント等を貯めることが可能。さらに、ANAカードやJALカードの提示でマイル付与、Ponta/dポイントのカード提示でポイント付与等、レンタカーの利用でお得にポイントを貯めることができる点も嬉しい。
その他にも、オリックスレンタカーでは様々なキャンペーンをも随時実施。全国各地で、地域限定・期間限定のキャンペーンを多数おこなっており、割引キャンペーンのほか、観光施設・アミューズメントパークの入場券等がついてくる「レンタで○○」キャンペーンや、平日出発限定のワゴン車半額キャンペーン、スポーツカーレンタルキャンペーンなど、バラエティに富んだキャンペーンを行っている。
基本補償は、「シートベルト着用」を条件として、対人補償は1名につき無制限、対物補償は1事故につき無制限、車両補償は1事故につき時価(車両補償免責額5万円)、人身傷害補償は1名につき3,000万円まで無料で補償。さらに、ロードサービスも基本補償に含まれている。免責補償やNOC免除については、別途追加料金が必要。
店舗数の多さに加え、レンタカーサービスの利用でお得にポイントを貯めたい人であれば、ぜひチェックしておきたいサービスの一つといえるだろう。

店舗数 全国1,062ヶ所の営業店舗を展開
車種・基本料金例(税込)
軽自動車(ムーヴ)
12時間まで 4,860円
24時間まで 6,480円
乗用車・Sクラス(ヴィッツ・パッソ等)
12時間まで 5,400円
24時間まで 7,020円
乗用車・SAクラス(フィット・デミオ・マーチ等)
6時間まで 5,940円
12時間まで 6,480円
24時間まで 8,100円
保険・補償
  • 基本補償:追加料金なし、ロードサービスあり
  • 免責補償制度:1,080円~2,160円/24時間
  • レンタカー安心パック:648円/24時間~ NOC免除、パンクが発生した場合のタイヤ代無償、超過1時間まで返車追加料金が無料等。
予約方法 Web予約、電話予約、店舗への直接連絡
  • 利用の1時間前まで
  • Webサイトで予約すると5%OFF
  • 予約取り消しは、乗車予定日の7日前まで。(以降、キャンセル料が発生)%OFF
乗り捨て(ワンウェイ)
※出発店舗、返却店舗により料金が異なる。公式サイトよりシミュレーション可能。
会員特典・ポイント・キャンペーン
  • レンタカー・プライムメンバーズクラブ会員は基本料金が5~15%OFF
  • 利用料金100円につき1~2マイルANA/JALのマイルが貯まる。(会員限定)
  • Ponta/dポイントが貯まる。ポイント決済も可能
  • 交通系ICカードで支払い可能
  • 期間、地域限定の値下げキャンペーンをおこなっている。5月は本州エリア限定で35%OFF。沖縄本島、沖縄離島エリアでもキャンペーン実施中。

column車中で音楽を楽しむ

ひま侍コラム 「レンタカーでのドライブ中に音楽を楽しみたい!」という人も多いのではないでしょうか?
ドライブ中に好きな音楽を流したいけれど、旅行の際にCDを何枚か持っていくのは少し面倒…。そんな方には、音楽アプリの利用がおすすめです。
Bluetooth対応のカーナビ(カーオーディオ)が搭載されている車種であれば、Bluetoothを利用して、スマホに入っている音楽を車内で簡単に楽しむことができます。また、Bluetooth非対応の車種であっても、シガーソケットやステレオミニプラグの差込口に、BluetoothレシーバーやFMトランスミッターといったアダプタを差すことで、Bluetoothへの接続が可能になります。
ドライブのおともに、ぜひ上記の方法を活用し、お気に入りの音楽を聴きながらドライブを楽しんでみてはいかがでしょうか?

おすすめの音楽アプリ

Spotify

Spotify(iPhone版)

Spotify(Android版)

4000万曲以上を取り扱う世界最大級の音楽アプリ。幅広いジャンルの楽曲を豊富に取り扱い、数ある音楽アプリの中でも高い人気を誇っている。 Spotifyには、無料プランと有料プランがあり、無料プランでは、プレイリストのシャッフル再生にのみ対応。一方、有料プランは広告表示がなく、自分の好きな順番で自由に再生できることに加え、高音質モードでの視聴やオフライン再生にも対応している。 また、有料プランの料金は、通常月額980円(税込)だが、初回限定で3ヵ月100円(税込)で利用できるので、気軽に音楽アプリを楽しみたい人は要チェック!。特に、海外ドラマのラインアップが充実しており、数ある動画配信サービスの中でも高い人気を誇っている。

関連ページ:音楽アプリ比較

3. 初心者におすすめのレンタカーサービス ~まとめ~

初心者におすすめのレンタカーサービスを紹介した今回の特集はいかがでしたか?
レンタカーを利用すれば、旅行先での行動範囲がぐっと広がり、旅行をさらに満喫することができます。
その一方で、レンタカーサービスは、レンタル料金や取り扱っている車種、万一事故に遭ってしまった場合の補償など、サービスによって特徴や内容が異なるため、レンタカーサービスを利用する際は、おすすめのサービスを比較し、自分に合ったものを利用することが大切です。

旅行でレンタカーを利用することを考えている方は、本特集を参考に、レンタカーサービスの基本をチェックし、快適なドライブで旅行を満喫しましょう!

トップへ戻る