アニメ化された、おすすめの名作ラノベを紹介

アニメ化されたおすすめの名作ラノベ厳選5選 初心者から上級者まで楽しめる作品はどれ?

Last UP 

Author:ペンギン太郎

ラノベ(ライトノベル)とは、アニメ・漫画風のキャラクターが、表紙や挿絵に入った文庫小説のこと(※厳密には、ラノベの定義は明確にされておらず、表紙や出版されたレーベル、作者の判断でラノベかどうか振り分けられています)。一般的な小説と比較すると読みやすい作品が多く、近年、10代~30代を中心に、人気を集めています。
「通勤・通学時間を利用して、何か面白いラノベを読みたい」「普段あまり本を読まないが、アニメ化されている作品も多く、最近、ラノベが気になっている」という方も多いのではないでしょうか? その一方で、ラノベは、毎年1,000冊以上が発刊されており、その中から自分に合った面白い作品を見つけるのは、なかなか難しいもの。

そこで今回は、アニメ化され、すでにある程度、面白いことが実証されている、おすすめの名作ラノベをひま侍編集部が、独断と偏見で厳選。各作品の魅力を熱く(!)、わかりやすくご紹介します。
ラノベを読みたい方やラノベが気になる!という方はもちろん、ちょっとした暇つぶしに夢中になれる何かを探している方は、本特集を参考に、面白いラノベを見つけましょう。

pick up ラノベを電子書籍で読むならBookLive!がおすすめ
「気になるラノベを見つけたら、まず試し読みしたい」「店頭でラノベを購入するのは、やや気が引ける」という方におすすめなのが、電子書籍の利用です。電子書籍であれば、スマホやパソコンからいつでもラノベのチェック&試し読みが可能。また、在庫切れの心配もなく、いつでも好きなタイミングでラノベを購入することができます。
なかでも、ひま侍編集部おすすめの電子書籍ストアは、「BookLive!」。ラノベの品揃えが充実していることに加え、新規会員登録で、すぐに使える50%OFFのクーポンをゲットでき、お得にラノベを購入できます。また、無料のマンガを豊富に用意している点も魅力。
ラノベを試し読み・購入する際は、BookLive!を上手く活用するのがおすすめです。

アニメ化されたおすすめの名作ラノベ5選

アニメ化されたおすすめの名作ラノベ その1

キノの旅

キノの旅

ハマる度 4.0
ラノベ初心者におすすめ度 5.0
ファンタジー度 5.0
著者/イラスト 時雨沢恵一/黒星紅白
レーベル 電撃文庫
価格
  • 単行本:572円(税込)
  • 電子書籍:572円(税込)
既刊 21巻(※2019年3月時点)
あらすじ(※Amazonより引用) 「キノはどうして旅を続けているの?」 「ボクはね、たまに自分がどうしようもない、愚かで矮小な奴ではないか? ものすごく汚い人間ではないか? なぜだかよく分からないけど、そう感じる時があるんだ……でもそんな時は必ず、それ以外のもの、例えば世界とか、他の人間の生き方とかが、全て美しく、素敵なものの様に感じるんだ。とても、愛しく思えるんだよ……。ボクは、それらをもっともっと知りたくて、そのために旅をしている様な気がする」 ―――短編連作の形で綴られる人間キノと言葉を話す二輪車エルメスの旅の話。今までにない新感覚ノベルが登場!

「キノの旅」は、累計発行部数820万部を超える、ラノベの大ヒットシリーズ。
主人公・キノと、言葉を話すモトラド(二輪車)のエルメスが、架空の世界を舞台に、様々な都市国家を旅するお話です。
「キノの旅」の魅力はなんといっても、キノとエルメスが冒険する国々の面白さ。2人(1人と1台?)は、1話につき1つの国を旅していきますが、それぞれの国には、一風変わった独自のルールや価値観が存在します。
例えば、「大人の国」では、12歳になると子どもは全員大人になる手術を受けなければならず、それを拒否した場合、殺されてしまうルールが存在。子どもは大人の所有物であり、”処分”する権利は大人にあるとされています。そして、そのルールを当然のものとして受け入れている国民たち…。「キノの旅」では、こうした違和感やいびつさを、寓話のように、また、時に風刺的に、旅人キノとエルメスの客観的な視点から描いています。
また、「キノの旅」は1話完結型のショートショートが続く短編連作。1話あたり3~4ページのものから、数十ページのものまで様々あり、サクッと読めるのも特徴の1つです。気軽に読み始めることができるので、ラノベ初心者も手に取りやすい作品といえるでしょう。
ショートショートが好きな人、ファンタジーアドベンチャーが好きな人に、おすすめの名作ラノベ。

アニメ化されたおすすめの名作ラノベ その2

〈物語〉シリーズ

〈物語〉シリーズ

ハマる度 5.0
恋愛度 4.0
不思議度 4.0
著者/イラスト 西尾維新/VOFAN
レーベル 講談社BOX
価格
  • 単行本:1,728円(税込)
  • 電子書籍:691円(税込)
既刊 25冊(※2019年3月時点)
あらすじ(※Amazonより引用) 阿良々木暦を目がけて空から降ってきた女の子・戦場ヶ原ひたぎには、およそ体重と呼べるようなものが、全くと言っていいほど、なかった――!?
台湾から現れた新人イラストレーター、“光の魔術師”ことVOFANと新たにコンビを組み、あの西尾維新が満を持して放つ、これぞ現代の怪異!青春に、おかしなことはつきものだ!

〈物語〉シリーズは、「戯言シリーズ」「忘却探偵シリーズ」を手掛けた西尾維新による名作ラノベ。2019年3月現在までに、〈物語〉シリーズの20作品中11作品がアニメ化、1作品がアニメ映画化されています。
〈物語〉シリーズは、主人公の阿良々木暦(あららぎ こよみ)が、彼の周りにいる「怪異」と出会った少女たちを助ける話がメイン。第1作品目にあたる「化物語」では、阿良々木はひょんなことからクラスメイトの戦場ヶ原(せんじょうがはら)ひたぎに、体重がほとんどないことを知ってしまいます。2年前、ひたぎは1匹のカニと出会い、全ての体重を持っていかれたと言い、阿良々木は事件の解決を申し出ますが…。
〈物語〉シリーズの魅力は、文字や言葉の持つ力を、様々な方法で表現している点。例えば、登場人物の1人である八九寺真宵(はちくじ まよい)の、「阿良々木」の間違え方は、「阿良々々木」「阿良良々木」「阿々良木」といった、文字でしか伝わらない間違え方をしており、作者の西尾維新の遊び心が感じ取れます。また、〈物語〉シリーズはいわゆるハーレム系のラノベ。登場する女の子のほとんどが主人公を好きになる(!)という展開なので、ラノベに恋愛要素を求める方も、楽しみながら読めるでしょう。
長編のラノベを読みたい方や、独特な雰囲気のラノベを探している方であれば、ぜひチェックしておきたいおすすめの名作ラノベの一つ。

アニメ化されたおすすめの名作ラノベ その3

ブギーポップシリーズ

ブギーポップシリーズ

ハマる度 5.0
不思議度 4.0
読後の満足度 4.0
著者/イラスト 上遠野浩平/緒方剛志
レーベル 電撃文庫
価格
  • 単行本:659円(税込)
  • 電子書籍:588円(税込)
既刊 22冊(※2019年3月時点)
あらすじ(※Amazonより引用) 君には夢があるかい?残念ながら、ぼくにはそんなものはない。でもこの物語に出てくる少年少女達は、みんなそれなりに願いを持って、それが叶えられずウジウジしたり、あるいは完全に開き直って目標に突き進んだり、また自分の望みというのがなんなのかわからなかったり、叶うはずのない願いと知っていたり、その姿勢の無意識の前向きさで知らずに他人に勇気を与えたりしている。 これはバラバラな話だ。かなり不気味で、少し悲しい話だ。――え? ぼくかい? ぼくの名は”ブギーポップ”――。 第4回ゲーム小説大賞〈大賞〉受賞。上遠野浩平が書き下ろす、一つの奇怪な事件と、五つの奇妙な物語。巻末には上遠野浩平が電子書籍化にあたって書き下ろした『後書き』を収録!!

ブギーポップシリーズは、主人公・宮下藤花(みやした とうか)に潜む別人格”ブギーポップ”が、「死」や「諦め」といった概念が形になった”世界の敵”と戦う様子を描いたSF作品。著者・上遠野浩平のデビュー作にして、第4回電撃ゲーム小説大賞(現・電撃小説大賞)の受賞作品です。
ブギ―ポップシリーズは、今回ご紹介する名作ラノベの中で最も古い作品となっており、1作品目の「ブギーポップは笑わない」は、1998年に発刊。にも関わらず、20年以上経った今でも、色褪せない独特の世界観と魅力的なキャラクターは高く評価されており、上記でご紹介した「キノの旅」の著者・時雨沢恵一や「〈物語〉シリーズ」の著者・西尾維新も、本作の影響を強く受けたとか。
そんなブギーポップシリーズは、構成が一般的なラノベとは少し異なり、5人の異なる視点(話)から、1つの事件について描く手法を採用。関係性や時系列がそれぞれの話で異なるものの、一冊全てを読むと、はじめて全体のストーリーが理解できる仕組みになっており、読後の満足感はピカイチです。
また、2019年1月からはTVアニメ版の放送がスタート。動画配信サービスのdアニメストアや、Amazonプライムビデオ等でも見れるので、気になる方はぜひアニメも併せてチェックしてみてください!

アニメ化されたおすすめの名作ラノベ その4

涼宮ハルヒの憂鬱

涼宮ハルヒの憂鬱

ハマる度 5.0
青春度 5.0
SF度 4.0
著者/イラスト 谷川流/いとうのいぢ
レーベル 角川スニーカー文庫
価格
  • 単行本:562円(税込)
  • 電子書籍:540円(税込)
既刊 11冊(※2019年3月時点)
あらすじ(※Amazonより引用) 「ただの人間には興味ありません。この中に宇宙人、未来人、超能力者がいたら、あたしのところに来なさい。以上!」入学早々の自己紹介で、クラス全員をア然とさせた涼宮ハルヒ。だが、ハルヒは心の底から本気だった!謎の集団・SOS団を結成したハルヒの暴走に巻き込まれ、一体どーなる俺の運命?「涼宮ハルヒ」シリーズの原点、「憂鬱」編スタート!

涼宮ハルヒシリーズは、谷川流によるラノベ。既刊わずか11巻にもかかわらず、累計800万部を売り上げており、ラノベといえば涼宮ハルヒシリーズを思い浮かべる人も少なくありません
このシリーズは、主人公・キョンが入学した高校で出会った同級生・涼宮ハルヒと、その仲間たちとの日々を描いた物語です。涼宮ハルヒは、入学直後に「宇宙人、異世界人、超能力者がいたら声をかけろ」といった、突飛な自己紹介をし、入学早々、クラスで浮いた存在に。キョンはある日、ハルヒに声をかけたことをきっかけに、SOS団(世界を・大いに盛り上げる・涼宮ハルヒの団)へ半ば無理やり入部させられてしまいます。そして、そこで出会った長門有希、朝比奈みくる、古泉一樹の3名のSOS団の部員は、全員が普通の人間ではなく…。
涼宮ハルヒシリーズの特徴は、各キャラクターが個性的な点。例えば、SOS団の部員である長門有希は、表の顔は普通の高校生ですが、その正体は「対有機生命体コンタクト用ヒューマノイド・インターフェース(≒宇宙人)」であり、ハルヒを観測するためにSOS団へ入部。無口な一方、食欲が旺盛で、ほとんど変わらない表情が魅力です。その他にも、未来人の朝比奈みくる、超能力者の古泉一樹など個性豊かな登場人物が多数いるので、お気に入りの1人が必ず見つかるはず
SF要素が強めのラノベを読みたい方や、個性的なキャラクターが好きな方におすすめの名作ラノベといえるでしょう。

アニメ化されたおすすめの名作ラノベ その5

バカとテストと召喚獣

バカとテストと召喚獣

ハマる度 4.0
ラブコメ度 5.0
ギャグ度 5.0
著者/イラスト 井上堅二/葉賀ユイ
レーベル ファミ通文庫
価格
  • 単行本:626円(税込)
  • 電子書籍:626円(税込)
既刊 全18巻(本編12巻+短編集6巻)
あらすじ(※Amazonより引用) 「総員ペンを執れ! 」 テストで召喚戦争!? 恋ありバカあり破壊度満点の新・学園コメディ! 「こんな教室は嫌じゃああっ!!」 アホの明久は叫んだ。ここ文月学園では、進級テストの成績で厳しくクラス分けされる。秀才が集まるAクラスはリクライニングシートに冷暖房完備だが、彼のいる最低Fクラスの備品はボロい卓袱台と腐った畳だけ。 明久は密かに憧れる健気な少女・瑞希の為、クラス代表の雄二をたきつけて戦争を始める。それは、学園が開発した試験召喚獣を使い上位組の教室を奪うという危険な賭けだった!? 第8回えんため大賞編集部特別賞受賞作。

井上堅二によるラノベシリーズ。略称「バカテス」。
テスト結果により、待遇が大きく異なる学園を舞台に、最下位のFクラスに所属することになった主人公・吉井明久と、そのクラスメイトの奮闘を描いています。
バカテスの最大の魅力は、恋愛とギャグ要素の強さ。主人公の明久は、学年トップの秀才であり、とある事情からFクラスに振り分けられた姫路瑞希と、同じくFクラスの島田美波の2人から思いを寄せられていますが、当の本人は全くそのことに気付いていない…。テンプレのような三角関係ですが、瑞希と美波の間には、”良きライバル”と言えるさっぱりとした関係性があり、安心して見守ることができます。さらに、Fクラスの代表であり、明久の友人の坂本雄二と、雄二の幼馴染であり、最も優秀なAクラス代表の霧島翔子の恋愛模様も描かれており、ラブコメが好きな方であれば、間違いなく楽しんで読むことができるでしょう。
また、ギャグ要素も非常に強く、「ラノベで一番笑った」「一人で読まないと危険」といった口コミも。なかでも、章ごとに掲載されているテストの回答で展開される、生徒の秀逸なボケと教師のシュールなツッコミが好評を得ています。
何も考えずに楽しめるラノベが読みたい方、ギャグやラブコメ満載のラノベを探している方に、おすすめの名作ラノベ。

Column 今回紹介したラノベのアニメが全て見れる!おすすめの動画配信サービス

dアニメストア

dアニメストア

月額料金 432円(税込)
無料体験 31日間

dアニメストアは、アニメに特化した動画配信サービス。「転生したらスライムだった件」「ソードアート・オンライン」など、有名なラノベ作品のアニメはもちろん、上記で紹介した「涼宮ハルヒの憂鬱」「バカとテストと召喚獣」など名作ラノベ5作品のアニメも全てカバーしている
また、ミュージカル、舞台のライブ動画や、声優のCD音源も楽しむことが可能。dアニメストアは、アニメや声優好きであれば、必ずチェックしておきたい動画配信サービスの1つだろう。

まとめ

ラノベ

アニメ化されたおすすめの名作ラノベを厳選してご紹介した今回の特集はいかがでしたか?

「ラノベ=中学生~高校生が読むもの」というイメージをお持ちの方も多いと思いますが、ラノベのなかには20代~30代の大人が読んでも十分に楽しめる作品・夢中になれる作品がたくさんあります。何か面白い本を読みたい方や、サクッと読めるライトな本を探している方は、積極的にチャレンジしてみると良いでしょう。

また、ラノベを読んでいると知られるのが気恥ずかしい、購入するのにハードルを感じる…という方は、電子書籍の利用がおすすめ。電子書籍であれば、スマホやタブレットを利用して、簡単にラノベが読めるのはもちろん、ラノベを読むために、本を持ち運ぶ必要もありません。また、様々なラノベをすぐに試し読みできるメリットも。

ラノベに興味がある、面白いラノベを読んでみたいと考えている方は、本特集を参考に、自分に合った作品を見つけましょう!

トップへ戻る