一気読みしたい名作漫画6選

名作漫画を一気読み!1日で読める完結済み漫画7選

Last UP 

名作漫画を一気読み!1日で読める完結済み漫画6選

Author:吉田沙織

漫画の一気読み・・・。それは、頭のてっぺんからつま先まで、漫画の中にどっぷりとはまる最高の時間。特に、心をつかんで離さない名作漫画を一気読みした時の快感は、他の何にも勝ります。今回は、面白い漫画を見つけ、一気読みしたくてたまらないあなたのために、これぞ名作と自信を持っておすすめできる漫画をピックアップ!今すぐ読みたいという人は、電子書籍もチェックしてみてください!

レベルE

レベルE

レベルE 全3巻
作者:冨樫義博
あらすじ:高校進学と共に山形へやってきた筒井雪隆は、引越し初日から自分をエイリアンだと名乗る金髪の美青年「王子」に出会ってしまい、否応なしに騒動に巻き込まれていく。

「冨樫仕事しろ」でお馴染みの冨樫義博の名作。同作者の「HUNTER×HUNTER」や「幽☆遊☆白書」も面白いですが、レベルEはとにかくネタの密度が濃い!天才的な頭脳をいたずらに浪費する「バカ王子」が巻き起こす数々の騒動は、数々の小ネタをはさみながら予想外の結末へと突き進みます。全3巻とコンパクトなボリュームで、いまだに熱狂的なファンも多い名作漫画です。

観用少女(プランツ・ドール)

観用少女(プランツ・ドール)

観用少女(プランツ・ドール) 全3巻(愛蔵版全2巻)
作者:川原由美子
あらすじ:美少女の姿をした、生きる人形「観用少女(プランツ・ドール)」。プランツ・ドールに必要な食べ物はミルクと砂糖菓子だけ。持ち主に癒しと安らぎを与えるドールたちの短編集。

雪のように白い肌と黒髪を持つ「白雪」、名人が作り上げた傑作「月華」など、様々な美少女(の形をした生きる人形)が登場する今作。レトロなドレスを着て着飾ったプランツ・ドールを見るだけでも十分楽しめます。さらにストーリーも感動的なものから、コメディタッチのものまで幅広く、一話一話、大切に読んでいきたい漫画です。

HELLSING

HELLSING

HELLSING 全10巻
作者:平野耕太
あらすじ:舞台は20世紀末・英国。女王に仕える特務機関・ヘルシングと、ナチスの残党ミレニアムとの戦いを描く吸血鬼バトルアクション。

「諸君、私は戦争が大好きだ」を始めとして、数々の明言を生み出した名作漫画。スタイリッシュなセリフと大迫力のバトルを詰め込んだ本作は、全編を通してすさまじい熱量を持っています。主人公である最強の吸血鬼・アーカードもさることながら、ナチスの残党を率いる肥満の戦争狂「少佐」や、異教徒抹殺を掲げる狂信者アンデルセン神父など、一癖もふた癖もあるキャラクターにも大注目です。

ヒカルの碁

ヒカルの碁

ヒカルの碁 全23巻
原作:ほったゆみ 作画:小畑健
あらすじ:小学6年生の進藤ヒカルはひょんなことから碁盤に宿っていた平安時代の幽霊・藤原佐為に取り付かれてしまう。自身は囲碁棋士であるという佐為の力を試すため、ヒカルは囲碁サロンにいた少年・塔矢アキラと一戦を交えるが、実は塔矢は同世代で最強と名高い少年で・・・。

囲碁というマイナーな競技をテーマにしながらも、圧倒的な画力とストーリー展開で読者を引きつけてやまない名作漫画。次々に現れるライバルたちとの対戦や、最初は佐為に頼りきりだったヒカルが実力をつけていく様子は、囲碁のルールを全く知らない読者でも十二分に楽しめます。ちなみに、この後にデスノートやバクマンの作画を担当する小畑健は、ヒカルの碁で画力が爆発。1巻から最終巻まで一気読みすると、絵の上達具合に驚くことでしょう。

臨死!!江古田ちゃん

臨死!!江古田ちゃん

臨死!!江古田ちゃん 全8巻
作者:瀧波ユカリ
あらすじ:東京・江古田に住む通称・江古田ちゃんは、24歳のフリーター。フィリピンパブやテレアポなど様々な職を転々とする江古田ちゃんの生態とは?

江古田ちゃんの日常を描く4コマ漫画。男に媚を売る女「猛禽」に怯えたり、朝の路上で変態に遭遇したり、江古田ちゃんの毎日は非常にスリリング。下ネタが多いように見えて、時々ボソッと物事の真理をつく切れ味がたまりません。ちなみに江古田ちゃんは家では全裸なので、漫画の約1/4を江古田ちゃんの裸が占めます。

秘密

秘密

秘密 全12巻
作者:清水玲子
あらすじ:21世紀後半、死体から脳を取り出し、視覚にまつわる記憶を抽出する技術が確立。犯罪捜査の現場にも応用され、科学警察研究所法医第九研究室・通称第九に勤める薪と青木は、死者の脳を分析し数々の難事件に挑んでいく。

未解決の殺人事件の報道を見て「被害者の記憶を見ることができたらなぁ」と考えたことはありませんか?本作では、それが実現した社会での犯罪捜査を、リアリティ溢れるタッチで描き出します。被害者が最後に見たもの、死刑囚だけが知っていた事件の秘密、死後暴かれる凄惨な過去……。夢中になって一気読みした後、しばらく放心してしまうような、極上のサスペンスです。

銀と金

銀と金

銀と金 全9巻
作者:福本伸行
あらすじ:ギャンブル中毒の森田鉄雄は、ひょんなことから裏社会のフィクサーとして君臨する平井銀二と出会い、金が物を言う裏社会で上り詰めることを誓う。

福本というと、「カイジ」「アカギ」が有名ですが、実はこの「銀と金」は、作者の最高傑作として名高い作品。命を懸けたギャンブルのひりつくような空気、裏の裏を読む緻密な心理戦、勝負を決める一瞬の息を呑む感覚、それら全てが最高レベルの面白さを生み出しています。独特の絵に抵抗感があるかもしれませんが、一度読んだら最後まで止まらない、名作中の名作です。

「1日で読める完結済み漫画7選」はいかがでしたか?電子書籍では試し読みもできるので、自分に合うか気になる人は、まずは試し読みで絵柄や雰囲気をつかんでみましょう!

トップへ戻る