電子書籍のメリットとデメリットを比較!電子書籍で読書を楽しむ方法とは?

電子書籍のメリット・デメリットとは?

本や漫画を読むのが好きで、「ついつい買ってしまい、気づいたら部屋が漫画で溢れていた」「本や漫画が増えすぎて、今にも部屋の床が抜けてしまいそう・・・」という方も、多いのではないでしょうか。

そんな方におすすめしたいのが、電子書籍の活用。電子書籍はスマホやタブレット、PCから簡単に購入することができ、いつでもどこでも本や漫画をすぐに読むことが可能です。また、最近では、本や漫画だけではなく、雑誌も電子書籍で読めるようになっており、年々、読める本の数も増えています。
しかし、電子書籍が普及する一方で、「本や漫画はやっぱり紙で読みたい」という方や、「何となく電子書籍に抵抗がある」という人も少なくないはず。

そこで今回は、電子書籍に注目し、利用のメリット・デメリットを紹介していきます。
これから電子書籍を利用してみたいと考えている方はもちろん、「本や漫画はやっぱり紙で読みたいけど、電子書籍も気になっている」という方は、ぜひ参考にしてみてください。

電子書籍のメリット

まずはじめに、電子書籍のメリットをチェックしましょう。
電子書籍には、大きく、以下の3つのメリットがあります。

電子書籍のメリット その1
24時間いつでもどこでも購入可能!

インターネットがつながる環境であれば、「読みたい」と思った時に、24時間いつでもどこでも本や漫画を購入できるのが電子書籍のメリットの一つ。購入後もすぐに読むことができるので、電車での移動中や本屋が開いていない時などにもおすすめです。
また、購入した電子書籍は複数のデバイスで閲覧可能。移動中はスマホ、家ではタブレットというように、環境に合わせて使い分けできる点も魅力と言えるでしょう。

電子書籍のメリット その2
持ち運びが便利&収納についても心配不要

電子書籍

電子書籍はデータとして保存されるため、購入した本や漫画の収納を考える必要が無い点も大きなメリット。電子書籍で本や漫画、雑誌を購入するようにすれば、部屋がスッキリします。
また、旅先などに本や漫画を持っていきたいという場合も、電子書籍であれば、スマホやタブレットを持って行くだけでOK。保存している電子書籍の中から、その時々で読みたい本を選ぶことができる点もメリットと言えるでしょう。
さらに、通勤時に混雑した電車内などで本を開くことができない場合でも、スマホ(片手)で本・漫画を楽しむことができる点も魅力です。

電子書籍のメリット その3
紙の本より安く買える!無料で読める本も多数

電子書籍ストアでは、お得に電子書籍が購入できるキャンペーンやセールを頻繁に行っており、紙の本よりもお得に本を購入することが可能です
「漫画が充実している」「専門書の取り扱いが多い」など、電子書籍ストアによって特徴がある他、割引やキャンペーンなどにも差があります。電子書籍を購入する際は、自分の使いやすい電子書籍ストアを見つけておくと良いでしょう。
さらに、「1巻無料」や完全無料等、無料で楽しめる作品が多い点も要チェック。

おすすめの電子書籍ストア

BookLive!

BookLive!
BookLive!(ブックライブ)は、凸版印刷グループが運営する国内最大級の電子書籍ストア。漫画・書籍・雑誌など、65万冊以上(※2017年12月現在)を取り扱っている。
BookLive!では、無料で読める電子書籍を多数用意している他、無料の会員登録で50%OFFのクーポンがもらえ、お得に電子書籍を利用することが可能。また、割引価格で購入できる作品が多い点も魅力と言えるだろう。
さらに、電子書籍の購入でTポイントを貯める・使うことができるため、Tポイントを利用する機会の多い人におすすめ。

eBookjapan

eBookjapan!
eBookjapan(イーブックジャパン)は、イーブックイニシアティブジャパンが運営する電子書籍ストア。漫画を中心に、ライトノベルや雑誌、ビジネス書・実用書など58万冊以上(※2017年12月現在)の電子書籍を取り扱っており、なかでも、漫画の品揃えは数ある電子書籍ストアと比較しても、トップクラスを誇っている
また、eBookjapanでは、無料会員登録で、1,000冊以上の「プレゼント本」が無料で読める他、初回購入限定でポイントが50%還元されるキャンペーンを実施する等、お得に電子書籍が利用できるサービスが充実。さらに、電子書籍の購入で、「eBookポイント」を貯めることができる点もチェックしておきたい。

電子書籍のデメリット

次に、電子書籍のデメリットをご紹介します。
メリットと同様、電子書籍には、大きく3つのデメリットがあります。それぞれについて、詳しく見ていきましょう。

電子書籍のデメリット その1
すべての本が電子書籍ストアにあるわけではない

電子書籍の難点は、「読みたい」と思っている本がすべて電子書籍ストアにあるとは限らないこと。品揃えはかなり豊富になってきていますが、本屋に売っているすべての本が、電子書籍で読めるわけではありません
電子書籍ストアにないものを読みたい場合には、やはり紙の本を購入することになります。
電子書籍では漫画、電子書籍ストアに取り扱いのない本は本屋で購入する等、自分なりに使い分けをすると良いでしょう。

電子書籍のデメリット その2
古本屋に売れない&誰かに貸せない

電子書籍

紙の本や漫画は、読まなくなった場合や、いらなくなった場合、古本屋に売ることでお金に換えることが可能です。しかし電子書籍の場合は、いらなくなった場合、「データを消す」ということになるため、どこかに売りに出すことができません。
また、読み終えた本や漫画を誰かに貸すことができないので、「これ面白いから読んでみて」など、本や漫画をコミュニケーションツールとして利用ができない点も電子書籍のデメリットと言えるでしょう。

電子書籍のデメリット その3
「読んだ感じ」がしない?

本を読む醍醐味の一つである、「あと、これくらいのページが残っている中で、どう話が展開するのだろう」という感覚を味わいにくいのが、電子書籍のデメリット。
電子書籍の場合にも、ページをめくる作業はあり、全体の何%読み進めているのかを確認することは可能です。しかし、実物を手で触れることができないので、紙の本に比べ「読んでいる感じ」は得にくいかもしれません。

また、電子書籍はスマホやタブレット等で読むため、ディスプレイから発せられるブルーライトによって、目が疲れやすく、スマホ老眼の原因になってしまう点にも注意が必要です。
スマホやタブレットの画面にブルーライトをカットするシートを貼ったり、PC用メガネを利用するなど、電子書籍で長時間の読書をする際は、目の健康にも留意しましょう。

まとめ

電子書籍のメリット・デメリット特集はいかがでしたか?
上記でご紹介してきたように、電子書籍には、メリット・デメリットがあります。電子書籍を利用する際は、この点についてしっかりと確認し、上手に活用すると良いでしょう。

また、各電子書籍ストアでは、無料で読める本・漫画を多数用意しているので、「電子書籍で本や漫画を読んだことがない」「電子書籍ってどうなの?」という方は、一度試してみるのもおすすめです

・・・それでも、「やっぱり本や漫画は紙で楽しみたい!でも部屋には本を増やしたくない・・・」という方は、TSUTAYA DISCAS(ツタヤディスカス)の宅配コミックレンタルをはじめ、漫画レンタルサービスを利用するのも一つの方法。
また、Vaboo(バブー)ネットオフ等の漫画買取サービスを利用し、不要になった漫画は売り、古本をリーズナブルな価格で購入する形で読書を楽しむのもおすすめです。

紙の本、電子書籍の両方を含め、自分に合った方法で本を購入し、読書を楽しんでみてはいかがでしょうか。

トップへ戻る